momo

2017.11.30

融資先:志民連いちのみや

特集:三八屋に行ってきました!

元融資先のNPO法人志民連いちのみや代表の星野さん、地ビールを作られている山田さんにお会いしてきました!

 

38



 
お会いした場所はcom-cafe三八屋。志民連いちのみやが運営するカフェで、ビール工場も併設されています。お話を伺った2階は図書館のように本がたくさん並んでおり、時間を忘れてゆっくりできそうな雰囲気でした。

 
【代表・星野さん】

星野さんはとっても愉快な方で、志民連いちのみやの歴史や、これまでの活動についてお話をしてくれました。

 
そもそも、なぜふるさと一宮の「まち」のために活動しようと思ったのか。その理由は、四国の友人に「うちの祭りに来いよ」と誘われたことがきっかけでした。誘われたお祭りは決して大きなものではなかったけれど、誇りを持っている友人。一方で、一宮にはもっと大きなお祭りもあるのに、友人と同じようには地元のお祭りに対して誇りを持っていないことに気づきます。それから星野さんの活動が始まりました。

 
momoに融資を申し込んだのはmomoレンジャーの存在が大きかったそう。ハンズオン支援があって、期待に応えてくれた人が多かった、と星野さん。現在は杜の宮市の運営や、三八屋の地ビール工場の今後の展開に悩まれているそうで…。地ビールは、現在はお店でしか飲めないので、どこでも飲めるように瓶詰めをしたいと考えられています。

 

星野さん



 
ちなみに最近お孫さんが生まれたらしいです。おめでとうございます!

 
【ビール職人・山田さん】

熱い情熱を持って三八屋の地ビール作りを担っている山田さんからは、ビールの作り方をとてもとても詳しく教えてもらい、私はビールの奥深さを初めて知りました。山田さんの夢は、「地酒みたいな、遠方からのお客さんでも持ち帰れるビールを作ること」!そのためには品質や瓶詰めなど、今後解決しなければならないさまざまな課題があるようです。でも、そんな課題も吹き飛ばしてしまいそうなくらいの「熱さ」を感じました。

ちなみに山田さんいわく、くせのない日本のビールには枝豆は合わない、逆にパンやカンパン、チーズの方が合うらしいです。おつまみといえば枝豆、と思っていたので驚きです。

 

みんな



 
ビールとワインを片手にお話を伺いました。もずくチヂミや、ひたし豆、食べたもの全てがおいしかったです。

 
(momoレンジャー ゆっこ)

 

2017.11.30

社会をよくする話

社会をよくする話:自分と自分の将来に向き合うこと。

こんにちは!momoレンジャーのはるこです! 
今年の6月からmomoレンジャーとして活動させてもらっている、名古屋市立大学人文社会学部現代社会学科の3年生です。
 
現代社会学科って何をやってるの?とよく聞かれますが、学科の名前の通り、社会のことについて勉強しています。
地域・まちづくり、人口減少問題、メディア、ジェンダー、労働…など、幅広く学ぶことができる学科なんです。
 
そんな学科に所属している学生である私は、今、税理士試験に向けた勉強をがんばっています。
 
…え? 税理士? 
 

電卓

 
経済学部ではなく、人文社会学部の現代社会学科に所属する私が、どうして税理士の勉強を始めるに至ったのかをお話ししようと思います。
 
 
■私って何がやりたいんだっけ?? 
 
私がこの学科に入ったのは、「まちづくり」や「福祉」に興味があったからです。
 
「1つの分野に限定せずに広く学んだうえで、自分の進みたい道を決めよう。」
 
そんな風に思っていたのです。
…が、授業を受けているうちにどちらも何か違うような気がしました。
そうなったとき、大学の勉強が分からなくなり、興味もわかなくなってしまったのです。
 
「私って何がやりたいんだっけ? 」
「どんな仕事がしたいんだろう…? 」
 
いくら考えてもわかりませんでした。
働いたことがないのに、どんな風に働きたいかを考えるのは無理だったのです。
 
 
■半年間の挑戦
 
そんな時に出会ったのが、大学1,2年生を対象にした半年間の長期実践型インターンシップでした。
これは、就活などで大企業が行う1DAYのインターンシップとは違い、自分が中小企業の一員となり、プロジェクトリーダーとなって動いていくプログラムのインターンシップです。
 
“働く、ということを実感できるかもしれない。
働いてみることで、自分の将来の選択肢を少しでも定めることができるかもしれない。”
 
そんな思いで、このインターンシップに挑戦することを決意しました。
そして、私がインターン先として選んだのが「税理士事務所」でした。
私は、資格をもって働くことに憧れを抱いてはいたものの、どんな仕事をしているのか全く想像がついていなかったのです。
 
 
■人に寄り添う
 
ところで、皆さんは、「税理士」というお仕事にどんなイメージを持っているでしょうか?
 
私は、「数字ばかり見てる人」というイメージでした。
お客さんに対して、「今月売上下がってますよ!」とか、「経費削減してください!!」とか、そんなことばかり言っている人。
 
でも、実際に税理士の先生の近くで働いてみたら、全然そんなことはありませんでした。
 
とっても人に寄り添うことができる仕事だったのです。

握手

 
社長さんとお話している中で、社長さんが今悩んでいること、挑戦したいことを聞き出して、その解決・実現のために働く。
 
自分の持っている知識やつながりを使って、困っている社長さんのお手伝いをする。
 
半年間を過ごしていく中で、税理士という仕事のやりがいはもちろん、大変さや難しいこともたくさん経験することができました。
 
 
■新たな一歩
 
半年間のインターンシップを終えて、振り返ると、この半年間は私にとってかけがえのないものだったと気づきました。
 
この半年間がなかったら、やりたいことが見つからないまま大学生活を送っていたと思います。
 
インターンを終え、新たな一歩として、税理士の勉強を始めました。
税理士という仕事を知り、誰かを補うことができるような、誰かと一緒に走ることができるような、そんな働き方をしたいと思ったからです。
 
自分と自分の将来に向き合って、見つけることができた自分のやりたいこと。
 
これからは、もっともっと自分に向き合って、自分の進みたい道を形にしていきたいと思います。

空

 
(momoレンジャー はるこ)
 

2017.11.30

融資先:アソシア

融資先情報:アソシア志友館(2017年11月)〜なるほどー!!

普段はあまり意識しませんが、
「お金は何かを得るための手段である。」
「時間は、何に費やすかを自分で決めることができる。」
「積極的に行動すれば人脈が広がる。」
改めて言われなくても、みなさんよく知っていることだと思います。

 
でも、当たり前をきちんと文章にしてみたり、当たり前のことから始めて何かを考えるって、とても大事なことだと思いませんか?

 

scABFBeFRulSmvWqSX1RrI0qX
小川雅章先生(犬山市教育委員会)のと~ってもわかりやすい授業!

 
 
10月20日(金)に行われた、アソシア志友館さん企画のおもしろ学校、小川雅章先生(犬山市教育委員会)の「中学生が学ぶユークリッド幾何学の入り口」に参加したので、ご紹介しまーす! 

 
ユークリッドという人は、5つの当たり前をきっかけに図形に関するストーリーをまとめた人で、誰もが認める当たり前を出発点としてさまざまなことを証明したそうです。今回の授業では、当たり前のことから新しいことを証明する体験をいくつかさせていただきました。

 
例えば「3本の線があり、ある2つの角度(同位角)が等しいと2本の線が平行になる。」というものがあります。それを使うと、なんと、三角形の内角の和が180度になることが証明できるのです! 

 
なんだかこう聞くと、難しそうな気がしてしまいますが、小川雅章先生は来ていた小学生にも伝わる話し方でと~ってもわかりやすく、話してくれました。小川先生の授業スタイルは、答えを教えるのではなく、どう考えたらよいかのヒントを出すだけです。それだけで、参加者の中から「あ~~、なるほどー!! 」という声がいたるところから聞こえてくる、すばらしい授業でした。他にも、6角形の内角の和や星型の先端の角度の和はいくつかということをみんなで考えることができました。

 
何か難しそうな感じがしますが、予備知識は全く無しでも、今回のお話の中で与えられた材料のみで、頭を使って考えれば、授業に楽しく参加することができました。簡単な決めごとをもとに、いろいろなことを組み合わせて新しい発見をしていく。数学の醍醐味(だいごみ)です。みなさんも頭をフル回転させて帰っていった様子でした。

 
社会人になった今、中学校レベルの数学の授業をあらためて聞くことで、頭を使う練習ができました。「当たり前から新しいことを考える。」他のことに応用していきたいです!!

 
小川雅章先生、アソシア志友館さん、ありがとうございました!! 

 
(momoレンジャー ながちゃん)

 

2017.11.30

融資先:結の舟

融資先情報:結の舟(2017年11月)〜企画づくり進行中!

スクリーンショット 2017-11-30 13.08.51

 
結の舟のお披露目イベントを、momoレンジャーが鋭意企画中です。9月以降、平工さんへの訪問1回、レンジャー同士での打合せ4回を経て(いつもより難航していました)、ようやく企画案が固まってきました。9月の訪問は、完成したての店舗に突撃して、平工さんの事業の全体像をお聞きしてきました(出資者も1名ご参加!)。融資先のお役に立てることを探しつつ、「出資者と融資先をつなげる」ためにがんばっています!

 
(momoレンジャー たつや)

 

2017.11.30

momoレンジャー

「はたレボEXPO」に参加しました!

元融資先でもあるNPO法人G-netさん主催の「はたレボEXPO〜99.7%を面白くするシゴト見本市」に参加してきました。
 
はたレボEXPOはこれからの自分の働き方について模索しているひとが、次の一歩を踏み出すきっかけにしたり、企業との多様な関わり方を知り、プロジェクトに参加できる可能性を探ったりできるマッチングイベントです。ユニークな取り組みをしている企業が、「ビジョンプレゼン」や「参画できるプロジェクト見本市」にて、現在取り組む地域を面白くするプロジェクトを紹介し、興味のある個人とつながることができるイベントになっていました。
 
momoは理事のたっちゃんがパネルトークのゲストとして参加したり、レンジャーが一般参加者として場を賑わせました。momoには「レンジャー」「プロボノ」「理事」などの参画の方法がありますが、そのほとんどのみなさんがボランティアとして参加しています。パネルトークでは、働き方や生き方という観点から、momoの活動を紹介していました。
 
また、実際にプロジェクトベースで働くことを実践している合同会社プロトビ・TILEmade代表の玉川幸枝さんと、NAGOYA☓FOREVERの仕掛け人の今永典秀さんのお話も聞いてきました。一番印象に残ったのは玉川さんの「とりあえず企画書を書くこと」という一言。それがあれば、1人でできるものではなく、すぐには実行できなくても、チャンスが巡ってきたときにすぐにできるし、声をあげれば仲間や資金が集まることもある。ちょうど「やりたいけどまだできないこと」があった私にはすごく響きました。帰宅後すぐに企画書を作成。また実行には至っていませんが……。
 
どのようにすれば個人と企業がお互いにマッチングできるか考えるきっかけとなるイベントになったと思います。一方で、副業・兼業やフリーランスとして働くことが当たり前になるには、個人と企業の両方から歩み寄っていかなければならないと感じました。今現在、「人が足りない」「仕事が物足りない」などなど、何かしらの悩みを抱えている人は、今一度働き方を見直してはいかがでしょうか。
 
(momoレンジャー りーちゃん)
 

2017.08.31

融資先:アソシア

融資先情報:アソシア志友館(2017年8月)〜はじめての「おもしろ学校」

momoレンジャーのゆっこです。
7月21日(金)にアソシア志友館さんが企画しているおもしろ学校に参加してきました!
毎回さまざまな科目の先生が楽しい授業をしています。
 
今回の授業テーマは「温泉」!
先生がとーっても熱心な人で、授業のために全国の温泉地や温泉の源である火山をまわったそう。
 
momo
 
久しぶりにBTB溶液やリトマス紙を使って、炭酸やお茶、温泉水のpHを調べました。(写真上段が原液で、下段の液体がBTB溶液入れた後)
どの色が酸性、アルカリ性か覚えていますか!? 
 
mo
 
特に印象的だったのが火山灰の違いでした。
いろいろな山の火山灰を持って来てくれていて、触らせてもらったのですが、写真を見てわかる通り、色も触った感触も全く違いました。サラサラしていたりゴツゴツしていたり…! 年によっても変わるそうで、なぜ違いが出るかはわからないそうです…! 不思議です。
 
まるで中学生に戻ったかのように、参加者みんなで楽しく実験をして、温泉のしくみを学びました。とても面白くて、こんな授業受けていたらきっと理科が好きになっていただろうなと思います。
今年度の授業は数学、社会…まだまだいろいろあるので気になる方はぜひ!
 
(momoレンジャー ゆっこ)
 

2017.08.31

融資先:ひろがり

特集:融資先「NPO法人ひろがり」完済記念イベント~食べさせてもらってみよう、介助でふれあってみよう~

2017年7月2日にmomo事務所にて、融資先「NPO法人ひろがり」さんの完済記念イベントを行いました。

今回のイベントは、ひろがりさんが大切にされている『「食べること、ふれあうこと」について知る』がテーマです。代表の丹羽さんの講演に加え、食べさせてもらう人の気持ちを知ったり、ひろがりさんで行っている「ふれあい体操」を教えてもらったりしました。
 

received_497638530586469

 
 
まずは、実際に食べたり飲んだりしながら「食べる時の口の動きの仕組み」や「食べさせてもらう人の気持ち」を知る体験をしました。これらを知ることで、より正しい食事のサポート方法がわかるようになります。食べることは生活の土台であるので、ひろがりさんでは食事をとることのサポートを大切にされているそうです。
 
人は食べ物を口に入れて飲み込むまでに、唇・舌・頬を使って非常に複雑な動きをしています。例えば下唇は食べ物を乗せる台の役割と食べる量を調整していて、舌先はどんな食べ物かを確かめるセンサーの役割を果たしています。普段はあまり気付かないですが、口の中はこのように理にかなって動いているのです。そのため、いきなり口の奥に食べ物を入れると非常に食べにくかったです……。これは、小さなお子さんやお年寄りのサポートにも通じる部分があるのではないでしょうか。やはり「相手の立場に立つこと」は大切ですね。
 

17-08-09-18-11-12-119_deco
「食事の時、口ってこんな風に動いているんだ!」とみんなビックリ。

 
 
そして、ひろがりさんで実施されている「ふれあい体操」を体験しました。「海は広いな大きな~♪」の歌に合わせて、優しく背中に触れます。そうすると、お腹や肩に入った力がぬけて、呼吸がしやすくなったりご飯が食べやすくなったりするのです。また、触れ合うことでお子さんの表情がうんと良くなるそうですよ。心と体と生活はつながっているのですね。
 

received_497638423919813

 
今回のイベントは、可愛いゲスト(momoの職員のお子さん)がいて、とてもにぎやかでした。次回以降の完済イベントもにぎやかになると嬉しいです。
 
(momoレンジャー せきちゃん)
 

2017.08.31

特集

特集:momoレンジャー合宿2017!

 みなさんご存じのとおり、momoの活動を支えるのは「momoレンジャー」という若者のボランティアスタッフで、10代から30代のさまざまな属性の若者たちが参画しています。そんなmomoレンジャーが年に1度集まって親睦を深めるとともに、自分たちの活動について考える場が「momoレンジャー合宿」です。今年はどんな合宿となったのでしょうか。
 

P_20170625_100704

 
 6月24日13時、会場となった上小田井の「長善寺」にて合宿が始まりました。長善寺の住職さんが元momoレンジャーだったというご縁があり、今回、会場として使わせていただくことになりました。
 

19420594_1366415580090947_841649365969229416_n

 
 まず行ったアイスブレイクは、自己紹介や目をつぶって手をつなぐゲームです。初対面のmomoレンジャーも多かったのですが、緊張がほぐれました。次に、momoレンジャー自身が「どんな事業を応援したい、あるといいな、必要だ!」と思うか、というテーマで自由に意見を付箋に書き出していきました。それらをみんなで共有して、自分も賛同するものにはマークをつけていきます。面白い意見がたくさんでました。
 

19400158_1366480283417810_8462202773617672616_n

 
 あげられたそれぞれの意見を、相手からお金をもらえるか、もらえないか(対価を得られるか否か)で分類します。分類してみると、相手からお金がもらえない事業であっても重要なものがあり、資金調達の方法もさまざまな種類を必要とすることがわかります。
 

19429997_1366480303417808_6884319946660814661_n

 
 その後はケーススタディとして、実際の融資先をモデルにして、組織の課題を見つけ出してグループ分けをします。そして、それぞれの課題の解決策を考えていきました。事業者自身も自覚がないような意外かつ本質的な課題も見つかり、とても興味深かったです。momoがどのように融資先の役に立てるのか? を考えるヒントになりました。
 

19510614_1370655586333613_6655557488123731455_n

 
 ここまでは融資先のことを考えるワークが中心でしたが、1日目日中の最後のワークは、「momoに関わっている自分自身の価値観を見つめ直す」ことでした。今までの人生で起きたポジティブなことトップ3、ネガティブなことワースト3を思い出し、それぞれ発表しました。一緒に活動しているmomoレンジャーでも、なかなか日々ここまで深く交流はできません。さまざまな意見があり、そのどれもに共感しました。
 

19429746_1366548966744275_6162459341208968492_n

 
 日中のワークが終わってからは、みんなでカレーを作って楽しく食事をしました。
 

19430084_1370655279666977_4713952960552592027_n

 
  翌日は6時半に起床し、朝食作りやお経を聞いたりと、思い思いの時間を過ごします。お寺での日常が始まろうとしたそのとき、突如として非日常が訪れました。なんと! 地震が起きたのです! 時刻は7時2分、中小田井は震度2でしたが、もはや精神が研ぎ澄まされていた私たちには揺れを感じ取るのに十分な震度ですね。
 
 朝食の後は、早速ワークの始まりです。最初のお題は、この日から参加のメンバーもいるため、改めて「自己紹介」。次に取り組んだのは、「融資先に対してmomoレンジャーができること」「そのために、momoがどうあるべきか、何をしたいか」を考えること。
 

P_20170625_105504

 
 昨日のワークをもとに、時間軸が引かれた模造紙に、意見を書いた付箋を貼っていきます。みんな真剣に考えました。今年の5月に新しく加入したレンジャーとしては、momoがどんな活動をしてるのか改めて知る機会にもなりました。今実際に行われている活動の強化だけでなく、それぞれの知識を引き出しあいながら、新しい活動のアイデアを出すのはなかなか大変でした…。
 
 みんなで意見を出し終わったら、意見の共有です!気になるものをピックアップして、それを中心に進めました。このワークで集まった意見を、今後の活動に繋げていきたいです。
 

19511454_1370658912999947_7937205016156268761_n

 
  momoの活動についてたくさん話して共有した後は、合宿の感想を共有しました。活動した時間の長短に関係なく、momoへの想いは素敵なもので、誰の言葉にも感動しました。
 
  合宿の最後は1日目に残った大量の米をおにぎりにしてみんなでお昼ご飯を食べました。片付けもして、お寺の方にもお礼もして、かいさ〜ん!
 
とても中身の濃い二日間を過ごすことができました!
 
(momoレンジャー たけひろ、るんるん)

2017.08.31

融資先:結の舟

特集:長良川の伝統漁法を終わらせたくない! 新融資先は長良川の川漁師が紡ぐ「結の舟」!

IMG_4617
新しい舟の進水式

 
momoが61件目の融資先に決定したのは、岐阜県は各務原に拠点を構える「結の舟(ゆいのふね)」。事業内容は若手川漁師による地域に開かれた実店舗の運営です。代表は、33歳の平工顕太郎(ひらく・けんたろう)さん。長良川の伝統漁法を継承する、唯一の若手川漁師です。現役世代で65歳以下はたった一人の担い手である彼が、なんとかして川文化の継承をしていかなければと奮起し、事業を起こしました。
 
 

<清流・長良川で、いま起こっていること>


 
平工さんが日々、漁をしている長良川をはじめとした岐阜県の清流は、古くから伝わる地域に固有の豊かな川文化と、多くの伝統工芸を育んできました。岐阜県の地域資源はまさに”清流”が支えている、とも言えます。2015年12月には「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定され、流域の住民の機運もますます高まっています。
 
しかしその一方で、長良川で漁業によって生計を立てられる現役世代の漁師は皆無、という厳しい状況。さらに伝統漁業になくてはならない「漁船」と「漁網」を生み出す舟大工と製網所は、流域にわずか一軒ずつ。加えて、人びとの川離れや魚離れも進んでいます。清流文化とともに育くまれてきた長良川の漁業は、まさに風前の灯火!
 

IMG_4619
結の舟代表の平工顕太郎さん

 
 
<代表平工さんと長良川の出会い>
 
大学で水産学を専攻し、卒業後は川遊び体験のインストラクターをしていた平工さんは、子どもたちの川離れと水難事故発生の関係や、地元の人ほど良質な鮎を食べたことがないという「川離れ」の現実を目の当たりにしました。また、良質な川魚が地元に流通しないことにも疑問を抱くように。一度は生活のために他業種に転向したものの、川文化に触れたあの感動が忘れられず、家族を説得して川漁師の道に進むことを決断しました。今はご家族の応援のもと、事業に取り組まれています。
 
 
<川のヒーロー現る!>
 
事業を始めて3年目を迎えた平工さんは、長良川のそばに拠点を構えることを決意します。思い描いたのは、若手川漁師がプロデュースした、新たな清流文化を発信する拠点。清流文化のブランドを向上させ、住民と川がもっと身近になることを目的とした場所です。検討の結果、水産研究所や水族館などの関連施設も近い各務原市役所近くの物件を、新拠点に選びました。具体的には、天然鮎の生鮮販売やお弁当の販売、魚食普及活動としての魚の捌き方講座や天然鮎の料理教室などのイベント開催、川遊びインストラクターの経験を生かした青少年向け環境教育や自然体験プログラムの提供などを、新拠点で行う予定です。長良川のヒーローの誕生です!
 

IMG_4618
船頭の風格

 
 
<momoの融資資金は新店舗開設に使われます!>
 
このたびmomoは「結の舟」へ、店舗運営の資金90万円を融資することを決定しました。融資期間は11ヶ月間。この90万円は、店舗の改修費用のほか、厨房機器や調理器具の導入にかかる費用や、市民参加型プログラムで使用する水槽などの機材購入費に充てられます。店舗のオープンは9月1日。長良川流域に住まう、たくさんの人びとの縁や希望を結ってこしらえた「結の舟」。いよいよ出航本番ですー!
 
結の舟のお店はこちら☆
住所:岐阜県各務原市那加桜町2-297(名鉄「各務原市役所前」駅から徒歩1分)
営業日時:不定
(〜11/30までの鮎漁の期間中は漁の合間、平工さんが店舗に居るときにだけ営業。
営業詳細は「結の舟facebookページ」にてご確認ください。)
 
(momoレンジャー まなみん)

2017.08.31

融資先:Fora

融資先情報 : Fora 東海支社 Nexus(2017年8月)〜学生の学生による学生のためのプロジェクト!?〜

小・中・高校が夏休みに入り始めた7月19日、東海地方を拠点に活動する一般社団法人Foraの東海支社「Nexus」(読み方は「ネクサス」、以下Nexusと表記)に訪問してきました! プロジェクトマネージャーを務める長谷川さん(現在大学3年生)へのインタビューを行い、Nexusのミーティングにオブザーバーとして参加してきました!
 
Nexusは高校生の進路選択が納得のいくものになるよう、高校生が自らの人生を考える場を作っている団体です。
 
●長谷川さんにインタビュー!
 
Q、Nexusの理念、想いいはなんですか?
A、人生に『問い』を持ってもらうことで高校生が納得のいく進路選択を実現したい! 仮にうまくいかなくても、後から修正できるように、今のうちから自身のことについてをもっと考えてもっと知ってもらいたい、と思っています。
 
Q、長谷川さんにとって、高校生とはなんでしょうか?
A、高校生は僕にとって「希望と可能性」です。人の可能性、選択肢を広げることが私の夢です。
 

pasted image 0
インタビューに答える長谷川さん。人の良さがヒシヒシと伝わってきます…!!

 
 
●ミーティングの様子をご紹介します!
 
まず足を運んで驚いたこと、それは、Nexusのメンバーは代表の塚本さんを除き、みんな現役大学生で構成されているということ。 融資を受けているぐらいだから、きっとお固い大人が運営しているのだろうと思っていたので、驚きを隠せなかったのと同時に、親近感が湧いてきました。
 
大学のゼミ室に集まり、机を並べて全員が向かい合う形で座りました。各自の近況報告を終えたあとは、ワークに移ります。
 
お題は、「キャリアとは」。キャリアの語源から始まり、高校生への実施プログラムに関連する話へ進んでいきます。ホワイトボードを使って図式化したり意見を言い合って、高校生が本当にやりたいことを見つけるため真剣に考えていました!
 
ミーティング中は、話がいき詰まりそうになったら、時どき笑いを入れながらみんなが意見を言いやすいようにする雰囲気作りがなされていました。 楽しい授業を提供するためには日頃の楽しい雰囲気作りが大切なんだな、と感じました。
 
 
●Nexusが求めることについて
 
Nexusの願いとしては、自分たちの活動を広く知ってもらうこと。特に教育関係の仕事に就いている人や学生に知ってもらいたいそうです。いろんな人たちに広めていかねば…!!
メンバーの中には、「出身校で授業を行いたい!」という方もいました。 それってとても魅力的なことではありませんか!?
 
今後の動きに注目です!
以上、Fora 東海支社 Nexusの紹介でした!!
 
(momoレンジャー るんるん)